水と生きる・水を活かす

明治43年、荒川が氾濫し、甚大な被害となった。
志木市立郷土資料館の脇に、当時の大水害の水位を示す表示板が設置されている。

明治43年、荒川が氾濫し、甚大な被害となった。
志木市立郷土資料館の脇に、当時の大水害の水位を示す表示板が設置されている。

野火止用水を開削した松平氏、いろは樋・佃堤・新田場堤を作った白井氏への感謝を表すため、明治末期に村民が建てたもの。下ノ氷川神社境内に建てられている。

大正10年(1921)から9年をかけて行われた新河岸川の改修を記念して昭和6年に建てられた。改修の様子や改修に尽力した斎藤祐美
(治水翁)について記されている。
 
 
 

おすすめ記事

スポンサー記事09

スポンサー記事10

スポンサー記事09

新着記事

ピックアップ記事

  1. いろは樋

     
PAGE TOP